「个人所得税特定项目付加控除暂定施行弁法」が公布される

2019/02/18
20181222日、国务院は「个人所得税特定项目付加控除暂定施行弁法」(以下「暂定施行弁法」という)を公布し、この「暂定施行弁法」は201911日より施行されています。
 
1.    分析
以下に「暂定施行弁法」の一部内容を简bet356提款免费吗洁に分析します。
 
l「暂定施行弁法」は特定项目付加控除の具体的な基准および控除规则を明确にしており、下表に示すとおりとなっています。
 
控除项目
控除基准
适用范囲
控除方式
控除时期
子女教育
1000元/月
就学前教育
満3歳かつ小学校に入学する前の段阶
父母のいずれかが100%控除または両方が50%ずつ控除。
毎年または毎月
正规の教育
义务教育(初等教育と中等教育)
高级中等教育(普通高级中学、中等职业教育、技工教育)
高等教育段阶(大学専科、大学本科、大学院修士课程、大学院博士课程)
継続教育
400元/月
正规(学位取得)の継続教育
国内で正规(学位取得)の継続教育を受ける场合に限り享受する
1.本人が本科以下の学歴継続教育を受けるとき、父母または本人がいずれか一人を选んで控除する。
2.本人が本科以上の正规継続教育を受けるとき、本人控除。
毎年または毎月(同一学歴(学位)継続教育の控除期间は最长で48か月を超えない)
3600元/年
职业継続教育
技能者职业资格教育、専门技术者职业资格継続教育
本人控除。
证书取得年度
住宅借入金利息
1000元/月
纳税者本人または配偶者の最初の住宅商业借入金または住宅积立金借入利息
1.纳税者が未婚のとき:本人控除。
毎年または毎月(控除期间は最长で240か月を超えてはならない)
2.纳税者が既婚のとき:
(1)夫妇がいずれか一つを选んで控除;
(2)夫妇が结婚前に取得した最初の住宅は、结婚後に选択可:
①取得した住宅のうちいずれか一つの取得者を选びその100%を控除;または
②各自が取得した住宅を50%ずつ控除。
住宅赁借料
1500元/月
大都市
直辖市、省都、政令指定都市および国务院の确定したその他の都市
1.纳税者が未婚のとき:本人控除。
2.纳税者が既婚のとき:夫妇が一つを选んで控除。
毎年または毎月
1100元/月
中规模都市
市区の戸籍人口が100万を超える都市
800元/月
小都市
市区の戸籍人口が100万を超える都市
高齢者扶养
2000元/月
一人っ子
60歳以上の父母、および子女がいずれも死亡した场合において満60歳の祖父母、母方の祖父母
本人控除;
毎年または毎月
1000元/月を超えない
复数の子ども
平均、指定、约定分担の方式により控除可。
特定疾患治疗
个人负担が15000元を超过した部分につき80000元の限度额内で実际にかかった费用にもとづき控除
基本医疗保険に関连する医疗费支出、医疗保険精算费用を控除した後の个人负担部分
本人または配偶者の一つを选択して控除。
未成年の子女に発生した特定疾患の医疗费は父母の一方が控除可。
毎年の确定申告时
 
l「暂定施行弁法」は、纳税者およびその配偶者が一つの纳税年度内に、住宅借入金利息と住宅赁借料の特定项目付加控除を、同时にうけることはできないと规定しています。
 
l「暂定施行弁法」は、纳税者が初めて特定项目付加控除をうけるとき、特定项目付加控除の関连情报を源泉徴収义务者(例えば、勤务先など)または税务机関に提出し、源泉徴収义务者は速やかに関连情报を税务机関に报告しなければならず、纳税者がその提出した情报の真実性、正确性、完全性に责任を负うと规定しています。特定项目付加控除の情报に変更が生じた场合、纳税者は速やかに源泉徴収义务者(例えば、勤务先など)または税务机関に関连情报を提出しなければならないことになっています。
 

bet356提款免费吗リンク:http://www.gov.cn/zhengce/content/2018-12/22/content_5351181.htm 

>一覧へ戻る

return