2018年2月2日(金曜日)「会社が解雇した従业员による労働仲裁及び労働诉讼に関する事例解説」と题する勉强会を开催します。

2018/01/25
「会社が解雇した従业员による労働仲裁及び労働诉讼に関する事例解説」
 
讲师:広东谢宏律师事务所 谢宏 代表律师
 
2008年に「労働契约法」が施行されて以来、従业员の権利意识は高まり続けており、会社(雇用単位)侧の日常労务管理における専门的知见の必要性が高まっていると感じます。会社が规律违反のある従业员を解雇した後、これに伴って従业员の申し立てる労働仲裁に直面する场面が常态化しており、労働契约の継続履行を求められるか、経済补偿金の2倍に相当する赔偿金の支払を求められるかしています。このうち多くの労働纷争案件は、労働仲裁、労働诉讼の一审、更に労働诉讼の二审を経た後に、会社の解雇が违法であると认定される、つまり従业员の主张が支持を得るというものです。こうした结果は、多くの会社にとって重大な规律违反行为のある従业员をどのように解雇すればよいか分からない、という状况を生じさせています。
 
今回の勉强会では、近年の二つの典型な事例となる会社に解雇された従业员が申し立てた労働仲裁および労働诉讼を解説することで、各社が従业员を解雇する际に注意すべき点を指摘させていただく予定です。
 
【事例1】2006年3月、张氏はB社に入社。2013年10月中旬より、张氏は化粧品顾客経理に就任。B社は张氏が2014年6月に报告书を记入した际に、当该部门に支出超过问题があることをありのまま申告しなかったため、会社は2014年会计年度に深刻な支出超过に陥ったと判断した。2015年1月16日、B社は张氏の重大な规律违反を理由に张氏と缔结した无期限労働契约を解除した。しかし、张氏によると支出超过问题は自分が原因ではなく、前任者によるもので、自分が引き継いだ时には存在しており、さらに自分の上司ならびに财务経理もこの支出超过问题を知っていたとのこと。张氏はB社の解雇决定を不服とし、2015年2月に広州市开発区萝岗区(注:现黄埔区)労働仲裁委员会に労働仲裁を申し立て、B社が労働契约を违法解除した赔偿金约93万元を支払うほか、谢罪など法的责任を负うよう求めた。本件は労働仲裁(注:会社侧胜诉)と労働诉讼の一审(注:会社侧胜诉)を経て、终审となる労働诉讼の二审で、会社が败诉した。
 
【事例2】2013年1月28日、丁氏はA社のシニアマネージャーとして入社。2013年4月19日、丁氏は电子メールでA社に颈椎に问题があり症状がひどいため、2周间の病気休暇を申请しなければならないというので、A社はこれを许可した。4月19日の当日、丁氏は飞行机でブラジルへ渡航し、5月4日に帰国した。2013年5月16日、A社は话し合いをして、病気休暇の期间中は北京にいたのか、それともブラジルにいたのかを确认したところ、直接返答することを拒否した。同日、A社は丁氏を重大な规律违反を理由に丁氏との労働契约を解除した。丁氏はA社の解雇决定を不服とし、2013年6月北京市海淀区労働仲裁委员会に労働仲裁を申し立て、A社が出した労働契约解除の决定を取消し、労働契约を継続履行するよう求めた。本件は労働仲裁、労働诉讼の一审および労働诉讼の二审を経て、いずれも会社侧败诉となった。しかし、会社は再审を请求し、最终的に会社侧が逆転胜诉した。
 
今回の勉强会は、上记の事例を中心に出席者の方々と主に次の内容を话し合い、解説させていただくことを考えております。
 
1.       上记2つの事例において、労働争议仲裁委员会および各级裁判所(法院)はそれぞれどのような理由で裁决または判决を出したのか?会社の日常的労务管理にどのような啓発を与えているか?
 
2.       会社が従业员を解雇した後、従业员と会社が彻底的に争った场合、どのような労働仲裁および労働诉讼手続を踏むことになるか?二审裁判所(例えば、広州市中级人民法院など)が出した判决の発効後、当该判决を不服とする一方はさらに再审请求のうえ逆転判决を得ることはできるか?
 
3.       労働争议仲裁委员会および各级裁判所が审理する会社が従业员を解雇した场合の労働纷争案件において、よくみられる争点にはどのようなものがあるか?
 
わかりやすい讲义と自由に意见を交换することのできる勉强会を目指し、出席なさった方々に、実践的な法律知识を得ていただくことを目的としています。上记の内容を含む労务管理に関心をお持ちの方はどなたでもお気軽に申し込みください。
 
      -------------------------------------
  ■ テーマ:「会社が解雇した従业员による労働仲裁及び労働诉讼に関する事例解説」
  ■ 讲 师:谢 宏(XIE Hong)律师 広东谢宏律师 事务所代表
  ■ 言 语:日本语
  ■ 日 程:2018年2月2日(金曜日)
  ■ 场 所:広州东駅となり中泰国际広场A2006室 広东谢宏律师事务所 会议室
  ■ 时 间:16:00~17:00
  ■ 参加费:无 料
-------------------------------
 

 お申し込みを希望なさる场合、「申込み用纸」をご活用ください。参加される方の所属先会社名、お名前、お电话番号 、メールアドレスをご明记の上、21日(木)までにメール/Faxにて申込みください。

>一覧へ戻る

return