「外商投资企业设立および変更届出管理暂定施行弁法」が改正される

2017/09/15

2017730日、商务部は「外商投资企业设立および変更届出管理暂定施行弁法」(以下、原「管理弁法」という)を改正しました。改正後の「外商投资企业设立および変更届出管理暂定施行弁法」(以下、新「管理弁法」という)は730日から施行されています。同日付で、商务部はさらに「外商投资企业设立および変更届出管理に関する事项の公告」(以下、「管理公告」という)を公布して、「管理弁法」の改正に対する详细な説明をしています。

 

1   背景

 

201693日、全人代常务委员会は、「外资企业法」など外商投资関连の法律4部を改正し、国家规定の参入许可特别管理措置(以下、「ネガティブリスト」という)の実施适用外である外商投资企业の设立および変更事项について、审査认可から届出管理へと変更しました。これを受けて商务部は、2016108日に原「管理弁法」を公布しました。原「管理弁法」は外国投资者が中国において外商投资企业を新设するか、または既设外商投资企业の変更が生じたとき、届出管理制度の适用を确定しましたが、外国投资者が「合并买収」方式を通じて国内会社を买収したとき、届出管理制度を适用するか否かについて、原「管理弁法」は明确な规定を设けていませんでした。

また、1995年に中国が「外商投资産业指导目録」を初めて公布して以来、2017628日、商务部は国家発展改革委员会と共同で7回目となる「外商投资産业指导目録」の改正を行いました。改正後の「外商投资産业指导目録」(以下、2017版「目録」という)は産业を奨励类、制限类および禁止类に応じて区分せず、「奨励外商投资産业目録」および「ネガティブリスト」の二つに分类して、外资によるM&A(合并?买収)をさらに推进するため、届出管理の制度面における障壁を取り除いています。

 

2   分析

 

以下に、新「管理弁法」および「管理公告」の一部内容を简洁に分析します。

 

1)外资のM&A(合并?买収)および上场会社への戦略的投资を届出范囲内とする

新「管理弁法」は、外国投资者による国内会社のM&A(合并?买収)および外国投资者による上场会社への戦略的投资について、ネガティブリストおよび関连当事者M&A(合并?买収)の适用外であるとき、届出制を适用すべきであると规定しています。このうち、外国投资者が国内の非外商投资企业を合并?买収するか、または外国投资者が非外商投资の上场会社に戦略的投资する场合は、新设外商投资企业として手続きし、外国投资者が国内の外商投资企业を合并?买収するか、または外商投资の上场会社が新たな外国投资者による戦略的投资を受け入れる场合は、外商投资企业の変更として手続きすることになっています。

 

2)関连当事者M&A(合并?买収)はなお审査认可が必要

新「管理弁法」は、もし関连当事者M&A(国内会社、企业または自然人が国外で合法的に设立または支配している会社名义をもって、それと関连関系にある国内の会社を合并?买収することをいう)にかかる场合、ネガティブリストにかかるか否かを问わず、商务部の审査认可を申请しなければならないと规定しています。

 

3)ネガティブリストの确定について

「届出公告」は、何をネガティブリストとするかについて、外资企业が自由贸易试験区内に设立されているか否かに応じて区分すると规定しています。

l  自由贸易试験区内において、2017710日より、ネガティブリストは「自由贸易试験区外商投资参入许可特别管理措置(ネガティブリスト)(2017年版)」の规定にもとづき実施する。

l  自由贸易试験区外において、2017728日より、ネガティブリストは2017年版「目録」の规定により実施する。

 

3   影响

 

今回、「管理弁法」の改正内容はそれほど多くありませんでしたが、外国投资者による国内会社の合并?买収および国内上场会社への戦略的投资に届出管理を适用することが明确にされました。これは、外资による买収および外商による上场会社への戦略的投资に対する制限が缓和されたことを意味しています。これによって、外商投资の利便性が増大し、投资コストの节约に有利となり、外商のM&A(合并?买収)方式による中国投资に积极的な影响をもたらすと思われます。

 

 

bet356提款免费吗原文

http://www.mofcom.gov.cn/article/b/c/201707/20170702617582.shtml

     http://www.mofcom.gov.cn/article/b/c/201707/20170702617581.shtml

>一覧へ戻る

return