2017年9月22日(金曜日)「広东省高级人民法院による労働案件指导意见の解説とケーススタディ」と题する勉强会を开催します。

2017/09/15

「広东省高级人民法院による労働案件指导意见の解説とケーススタディ」

 

讲师:広东谢宏律师事务所 谢宏 代表律师

 

2017719日、広东省高级人民法院は「広东省高级人民法院による労働纷争案件を审理する际の疑义に関する回答」(以下「広东省指导意见」という)を公布し、広东省内において労働纷争となっている23项目の典型的な案件に対する审理基准を明确にしました。勉强会では、広东省内の日系企业で起こった事例4件と「広东省指导意见」をリンクさせ、日系企业の労务管理でよく见られるケースをご绍介いたします。

 

1.       计画出産法规违反となる3人目を妊娠した女性従业员の労働契约を解除した事例。

2.       広州市内の别の区へ移転するとき、労働者と労働関系を処理した事例。

3.       従业员が自宅で自杀により死亡したが、遗族から会社が高额な赔偿を求められた事例。

4.       従业员が勤务中に机器の故障により负伤したので救命処置を施したが死亡した。これを受けて、遗族が会社に労灾赔偿责任と人身损害赔偿责任(精神的损害赔偿を含む)の両方を负担するよう求めた事例。

 

上记の事例を中心に、勉强会では次の质问について読み解くことで、「広东省指导意见」の理解を深めていただく予定です。

 

l   会社は従业员の计画出産规定违反を理由に、従业员と労働契约を解除できますか?

l   会社の移転に际して、従业员が新たな勤务地で勤务することに同意しない场合、労働契约の解除と共に会社に経済补偿金の支払を要求できますか?

l   従业员が自杀した场合、遗族は会社に法的责任の负担を求めることができますか?

l   従业员が安全事故によって死亡した场合、会社に労灾损害赔偿を主张するだけでなく、人身损害赔偿を主张することもできますか?

 

上记の内容を含む労务管理に関心をお持ちの方はどなたでもお気軽に申し込みください。

---------------------------------------

 テーマ:「広东省高级人民法院による労働案件指导意见の解説とケーススタディ」
 讲 师:谢 宏(XIE Hong)律师 広东谢宏律师 事务所代表

 言 语:日本语

 日 程:2017922日(金曜日)

 场 所:広州东駅となり中泰国际広场A2006室 広东谢宏律师事务所 会议室

 时 间:16001700

 参加费:无 料

---------------------------------------

 

※ お申し込みを希望なさる场合、「申込み用纸」をご活用ください。参加される方の所属先会社名、お名前、お电话番号 、メールアドレスをご明记の上、9月21日(木)までにメール/Faxにて申込みください。

>一覧へ戻る

return